« ジュルのしっぽ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震の備忘録② »

東北地方太平洋沖地震の備忘録①

今回の震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

また犠牲になられた方々、ご遺族の方々に対し深くお悔やみ申し上げます。

お陰さまで私もせいのすけも元気です。

久々のブログの内容が猫のことではないので、申し訳ないのですが・・・

今回の震災のこと、自分でも忘れないように書き留めておこうと思います。

3月11日、私はいつものように晴海にある高層ビルで働いていました。

地震の発生は、ちょうどトイレからオフィスに戻ろうとしたときでした。

同僚が「揺れていない?」と言い、私も「本当だ」と思った瞬間、その揺れは大きくなり、もうたっていられないほどに。トイレにいた人達皆、しゃがみ込んで壁や洗面台につかまって、なんとか堪える感じでした。トイレの個室のドアもポルターガイストのように何度もバタバタと開いたり閉じたり。

ザー、ザーという音とミシミシという不気味な音が続き、ビルが倒壊するのではないかと思いました。驚いたのは壁の動きと床の動きがずれていること。これって高層ビルの免震構造の特徴なのでしょうか。

揺れが収まってきて立ち上がれるようになるまで、5分くらいかかったような気がします。とにかく長かった。船酔いしたような感じで、ふらふらしました。

急いで部屋に戻ると、課員全員がヘルメットをかぶっていてデスクの下から出てきたところでした。

私のいる部屋は東京湾を望むことができ、東京ゲートブリッジが正面に見えます。右手にはフジテレビのあるお台場、左手は豊洲があるのですが、お台場からすごい黒い煙が立ち上っていました。一瞬フジテレビが燃えているのかと・・・。

201103111その後、手前のビル群の奥にオレンジ色の明かりが。何だろうと見ていたら、大爆発。千葉の市原の石油タンクの事故でした。

写真は初期の頃。この後すごい火柱が上がりました。

その後も、何度も下から突き上げるような衝撃と揺れが襲ってきて、そのたびに不気味な軋み音がして、もう怖かった・・・

ビルの防災センターからは「まだ部屋から出ないでください」とアナウンスが入り、ヘルメットをかぶったまま、デスク周りを片付け指示を待ちました。

会社からも「安全が確認されるまで、待機してください」と指示があり、2時間ほど待機となりました。正直言うと早く帰宅したい、と思いました。陽が落ちて暗くなりかけてきていたので。

地下鉄もJRも動いていないことはもう判っていたので、徒歩で帰るにしろ、なるべく早く出発したい。窓から外を見ると国際展示場の方面から大勢の人たちが歩いてくるのが見えました。

ようやく帰宅の許可が出たのが17時半頃。同じ方面に帰る同僚と会社を出ました。

しかし、これからが長かった・・・

|

« ジュルのしっぽ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震の備忘録② »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無事でよかったです。
せい君との再会までは長かったでしょう。

なんとなくアクセスしてよかったです。

投稿: igrek | 2011/03/13 23:00

igrekさま

コメントをありがとうございます。
igrekさまはお出かけ前でよかったですね。

いや、ほんと交通手段がなくて、私はあやうく帰宅難民になるところでした。

明日から仕事ですが、まだまだ余震があるようなので、不安です。
階段の壁にはヒビが入っていたりするんですよ。
まだウチは18階だから良かったですが、もっと上の階の人たちはもっと怖かったと思います・・・

投稿: まゆりん | 2011/03/13 23:14

良かった~~~!!
心配していました。
とても怖い経験をなされたけれど
ご無事で本当によかったです~!

こちらの地方もけっこう揺れましたが
東北・関東ほどではありませんでしたし
地下水が一日半ほど濁る程度で済みました。

せい君もきっと怖い思いをしたことでしょうね。

投稿: レイコ | 2011/03/14 21:29

レイコさま

コメントをありがとうございます。
いつもは地震があってもあまり反応しないせいのすけですが
今回は、さすがに、ちょっとだけナイーヴになっていました。

地震のあと、私がなかなか帰宅できなかったからかもしれません。
私の姿が見えないと、珍しく鳴いたりして・・・
可哀想なことをしました。
いまは落ち着いて、ワガママし放題ですcoldsweats01

投稿: まゆりん | 2011/03/14 22:56

ご無事で何よりです。
実は3/11は私も忘れる事の出来ない日になりました。
偶然、岩手県北上で仕事、新幹線で移動中に一関で被災しました。
人生初の避難所生活は想像を絶するものでした。
電気、ガス、水が普通に使える環境から殆ど使えない環境で生活をする。
辛い日々でしたが、通常の生活の有り難みを知る良い機会になりました。

まゆりんさん、晴海付近も津波警報などで大変だったと思います。
無事家に着かれ安心しました。
地震はもうコリゴリです。

ちなみに、3/15(火)に仙台→新潟→東京→千葉を13時間かけて
無事に帰ってきました。
明後日から長野に出張に出かけます。

投稿: Rascal | 2011/03/19 23:07

Rascalさま

お疲れ様でした。
ご無事でなによりです。
大変でしたね・・・。
地震が本当に起こったことなのか、と思うときがあります。
でも日常生活も変わってしまい、ちょっとしたことで
不安を感じたり、揺れている、という錯覚を感じたり・・・。

被災した方のことを思うと、本当に落ち込みます。

長野も地震が起こっているところなので、気をつけて
行ってきてくださいね。

投稿: まゆりん | 2011/03/20 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュルのしっぽ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震の備忘録② »