« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

ひどい結果・・・

A4dea4e6a4eaa4f3 ちょっと前にどなたかのブログに載っていた「脳内メーカー」

シノブさまにそそのかされて(?)今更ですがやってみました。で、結果が・・・。

当然、会社では大ウケ

「そんなにキャットタワーが欲しかったの?」

ってボスにも言われたし。

私って煩悩のカタマリだったのだと改めて認識。

でも本当は「食」「悪」でいっぱいだと思っていました・・・。

Dsc01723「どうせそんなモン・・・」

| | コメント (7)

わざとじゃないよ

Dsc01727 相変わらず狭いベッドに私と巨猫が寝ています。

涼しい場所を好む猫が側にいるってことは、私のベッドの上も、まぁ涼しいのかと・・・。

でも、ついつい、寝返りをうったりすると足で何やら柔らかいものを蹴ったり、踏んだりして。

その感触に目を覚まして、足元を見るとせいのすけが

「なにすんねん!」(←何故に関西弁?)

みたいな非難の眼差しで睨んできます。

なら、もっと安全なところに行けばいいのに・・・。まぁ、私もせいのすけも寝ぼけているので騒ぎにはなりませんが。

| | コメント (0)

みなまで言わなくても

Dsc01713 「キャットタワーが欲しいんです」

と告白したら、ボスが

「あのさー、たぶん言わなくても判っていると思うけどさー・・・」

判っています、判っています・・・。

今まで私がせいのすけのために購入した数々の猫グッズ。それをせいのすけが喜んで使ってくれたのはほんの少しだけ。

言いたいことは、よっく判っています。なのに、ボスは

飼い主の心、猫知らず。猫の心、飼い主知らずだよね。」

言ってんじゃん・・・。しょぼん・・・。

| | コメント (0)

反省ばかり

Dsc01744 ようやく採尿が出来たので、1ヵ月ぶりに病院へいきまいした。せいのすけはお留守番。今日は尿だけ持って行きました。

検査の結果、尿から細胞潜血(++)が検出されて・・・。慢性化した疑いあり。

ただし症状は出ていません。

おしっこも出にくいとか、痛がっているような様子はなく、普通に出ています。元気もあります。

今回は結晶は検出されなかったので尿結石はできていないようです。また4月に一度検査をしたときには異常は発見されなかったので、今回も薬は飲まずに、定期的に尿検査をして今後の様子を見てゆくことになりました。

本当に自分の至らなさに腹が立ちます。症状は出ていないので、悪化しないように、そして完治を目指して頑張ります。

| | コメント (1)

ちょっと目を離した隙に

Dsc01641 押入れで探し物。

ちょっと襖を開けて後ろを向いていたら、開いたスペースに侵入者がいました。

す、素早い。ほんの一瞬の間だったのに・・・。私の側に来たのも、中に入ったのにもまったく気が付きませんでした。

デカイくせに、狭いところに入りたがる。

Dsc01639

この場所がよっぽど気に入ったらしく、しばらくの間出てくれませんでした。

お陰で探し物も、お片しも長期戦になってしまいました。

まぁ、最終的にはせいのすけの大好きな、特別な魔法のカリカリのお世話になりました。

| | コメント (0)

不様にも・・・

Dsc01742_2 早朝  、せいのすけがカーテンレールの上に登っていて、足を踏み外して(たぶん・・・)、不様にも落下しました。

物音で私が目を覚ましたのか、たまたま目を覚ましたときにせいのすけが落下したのか、私の記憶も曖昧なのですが・・・。

判っていることは、落ちる際にプラスチック製のカーテンのフックを破壊し(3個も!)、さらに扇風機にぶつかったということ。Dsc01739そしてダッシュで逃げて行きました。

この光景を私が目撃したということは、もう明るい時間だったようです・・・。

まぁ、このあと元気で遊んでいたのでケガなどは全くなかったようで、安心しています。

もういい加減、自分の体の巨大さを知って欲しい、と切に願います。

| | コメント (4)

怪しい影

寝ようと思ったらキッチンに怪しげな気配が。覗いてみると何やら巨大な影が・・・。

犯人が逃走をする姿を激写!

Dsc01737

犯人は巨体にも関わらず身軽な動きで闇の中に消えてゆきました。

狙われたのは・・・

Dsc01738_1

私の明日の朝ごパン。まったく油断ならないヤツです。

パンにちょっかい出すより、自分のカリカリを食べなさい!

| | コメント (0)

ハゲ

Dsc01733 いま、せいのすけは首輪をしていません。今まで水色のデニム地の首輪をしていたのですが、先日お風呂に入れたときに首のところにハゲを発見しまして・・・。

ありゃりゃ・・・。ピンク色の素肌が見えちゃっていたのです、2箇所も。

皮膚病なのかしら、と嫌がるせいのすけをひっ捕らえて確認しましたが、判りません。特に異常はないようなのですが。

とりあえず、しばらくは外したままで、様子を見ています。脱走したら、飼い猫と思われない危険性があるので心配なのですけど。(まあ、こんなにデブなノラ猫はいないと思いますが・・・)

地震が続いたりしていて、何か災害があった場合に外に出ちゃったら、と思うと更に心配。ツブログ粒ちゃんのように手作り首輪に挑戦します。

| | コメント (0)

謎の行動

Dsc01735 これはせいのすけ用のタオル地の敷布。

なんでこんなところにあるの??ここはキッチンの入り口。

いつもは私の寝室に置いてあるのに。これを引きずって持ってきたらしい。

最近は私の室内履きをキッチンに持ち込んだり、物を運ぶことに目覚めたみたい。

いいねー、クロネコヤマトにでもバイトに行く?

| | コメント (2)

真夜中のもわ~

Dsc01703 見えるところにいないなぁ、と思っていると、ずうずうしくも一足先に私のベッドで眠っていました。

しかも私のテンピュール枕を使用中。

蒸し暑いにもかかわらず、いまだに夜、一緒に寝ています。

私の寝室にはエアコンがないのですが(!)、それでも都内に比べると格段に涼しいので、今のところそれほど苦にはなりませんが・・・。

最近困るのは、せいのすけがベッドの真ん中で寝るようになったこと。まったく図々しいにもほどがあります。もわ~と熱が伝わってきます。

| | コメント (0)

手がかかる

Dsc01731 ボスは「大丈夫だよ」って言うけど、やっぱり心配。

ちょっとせいのすけの食欲が落ちています。以前は食いつきが良かったストルバイト用の処方食なのに。

いままでヤツは食欲大魔神だったはずなのに、帰宅するとまだ朝の分のカリカリが残っています。、夜の分を上げても、翌朝まで半分くらいお皿の上に・・・。

今日はアーン、アーンとなにやらおねだりしてきたので、残っているカリカリを私の手のひらに乗せてせいのすけの目の前に差し出すと・・・、食べました。

じゃあ、と残っていた分を全部手の上に乗せると、完食。なんだよ、ただの甘えん坊じゃないの。自分で食べなよ、もう。

| | コメント (2)

君もやった方がいいんじゃない?

Dsc01729 わが家にビリー隊長がやって来ました。もう2ヶ月ほど買おうかなぁ、と悩みつつ、ようやく・・・。

でも、キツイ。自慢じゃないけど、このところ何年も運動していなかったので、もうあっという間にヘロヘロに・・・。

それにいざ始めると、せいのすけが、いたく怒って邪魔をします。足にまとわりついたり、ガブって噛んできたり。もう危ない、踏んじゃうよ~。

でも、せいのすけも入隊した方がいいんじゃないかなぁ、とこの写真を見ながら思いました。

| | コメント (2)

ここが、いいの

Dsc01721 わが家の一番高い場所・・・。

はいはい、どうぞお好きなだけそこにいて・・・。

ああ、でもそこも汚いのよね・・・。どうして、汚い場所ばかり行きたがるのかねぇ。

| | コメント (0)

真夜中の窓掃除

Dsc01715 午前2時を回った頃、寝室のサッシがガタガタッと大きな音を立てたので、何事かと目が覚めた。

なんだ、なんだ??

ウチの寝室の掃き出し窓は、私のベッドのヘッドボードのところにあるのですが。

覗き込むと、なんか変なものがサッシと網戸の、わずか10センチくらいの隙間にずっぽりとはまっていて・・・。それは茶色と白の巨大な・・・。

って、せいのすけだ!

ウチの網戸ははめ殺しタイプなので、せいのすけが外に出ちゃう心配はないのですが、それでもミシミシと音がして・・・。

ぎゃ~!やめて、やめて!網戸が壊れるぅ・・・。私が張った網戸がぁぁ~!

何でこんな細い隙間に入ってゆくのか?どうやって出るつもりなんだろう?サッシを動かそうとしてもびくともしないよ。

どうしようかと思案していたら、後ずさりしながら出てきました。ったく、どうするの。ここのところ窓も網戸も掃除なんかしていなかったので、汚いのに。

窓拭きするなら、昼間にやってよ!いいや、それより洗濯とか炊事をしておいてくれる方がよっぽど嬉しい。

仕方なく、逃げようとする巨体を取り押さえて、拭き吹きシートできれいにしましたが、私のベッドからは追放しました。

| | コメント (2)

猫と大田原牛と私

Dsc01643 「死ぬまでには一度食べたい」と切望している大田原牛

宝くじとか、当たらないかしらん・・・。

「もし死ぬまでに食べられなかったらどうするの?」

と食道楽のボスから質問。

そりゃ、死んでも死に切れませんよ・・・。

って答えたら、ボスの妄想が。

「大田原牛を出す店で、肉を焼くたびに、店の片隅に太った巨大猫を抱いた女の幽霊がうらやましそうに(恨めしそう?)見ている、という怪奇現象が・・・」

その太った巨大猫って言うのがすごく気になるんですが・・・。それって、当然・・・。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »