« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

隠さずにはいられない

Dsc01422 昨日、やられました・・・。

寝しなにせいのすけの大運動会。まぁ、それは快便のためなので仕方がないけど。

あとでトイレを片付けに行ったところ・・・!

せいのすけの○ンコの上には、相変わらずこんもりと猫砂がかけられているのですが、昨夜は更にその山の頂に、私の洗濯物が被せられていました。

こ、これは嫌がらせなの?

洗濯しようとネットに入れておいた私の・・・!ばか、ばか、ばかっ!

| | コメント (2)

ハーネス

Dsc01430_2 先日、同伴出勤するにあたり 、念のためせいのすけにハーネスを付けてキャリーバッグへ。

私のお気に入りの迷彩柄のハーネス。ワイルドだわ・・・。

実は、最初に購入したときはピチピチで、非常にマズイ感じだったのです。マジックテープのほかに金具が付いていたのですが、し、しまらないっ!

猫用のハーネスはMサイズまでのものが殆ど。いや~、犬用のヤツを買い直さなくてはいけない状況になっていました・・・。

が、今回久々に装着したところ、見事に余裕が出来ていました!(この写真では、あまりそういう感じに見えないかもしれませんが・・・)P1000130_2

前回ハーネスを装着したときの写真→

どうです、違うでしょ???

| | コメント (0)

夜は一緒に寝たいのに

Dsc01427 ここ2日ほど、寝る時間になってもせいのすけが寝室に来ません。

いつもは私がベッドに入ると、しばらくするとやって来て一緒に寝るのですが・・・。

名前を呼んだり、わざと音を立てて注意を引こうとしても、全然来る気配もありゃしない・・・。

様子を見に行ったら、リビングにある自分の専用ベッドで既に寝る体勢・・・。ちょっとショックでした・・・。

まあ、暖かくなってきたからだと思うけど。倦怠期の夫婦じゃないんだからさ・・・。

(でも、早朝には起こしに来て欲しくない・・・)

| | コメント (2)

会社に行ったよ~

Dsc01421 先週、久しぶりに同伴出勤。リュック型のキャリーで出かけたのですが、せいのすけにはこのキャリーが評判良くて。

入れるときもおとなしいし、入った後もおとなしいので、すっごく楽

相変わらずボスにもてあそばれ、モフモフされ、怒られ。

今回、ちゃんと定規を押さえてくれましたよ。

レイコさま。今日の地震は大きかったようですが、そちらは大丈夫でしたか?

| | コメント (2)

信じてもらえないかもしれないけど

Dsc01410 最近、、すっごくせいのすけとお話が出来るようになったのだ~

「お膝においでよ~」とお誘いすればやってくるし、「あっちのお部屋で待ってて」と言うと素直に行ってくれるし・・・。「バカだ、バカだ」とボスに言われ続けていましたが、

せいのすけは日本にいる猫の中で上位に入るほど頭の良い猫だ」

と思うこの頃。ボスにそう言ったら

「ばーか、ばーか」と言われたけど・・・。

先週末、具合が悪くて寝ている私の側でせいのすけが騒いだので部屋の外に締め出しました。が、しばらくしてドアの外で「入れてー、入れてー!」と大騒ぎ。

うるさいと思いつつ放っておいたのですが、ドアの向こうで、なんと「ママ~!」せいのすけが叫んだのですっ!本当ですよ!!

前に「私は猫のママではない」などと書いていましたが、いや~、「ママ」もいいかも♪

まぁ、そんな話をボスにしたら大爆笑の、大バカ者扱いでしたが・・・。(言わずにはおられないもの、こんなすごい話・・・)

| | コメント (8)

これも愛なのだわ

Dsc01386 今夜、帰宅が遅くなってしまったのですが、玄関先でせいのすけが待っていてくれました。まぁ、「ごはん、ごはん!」というのが偽らざる気持ちだと思いますが・・・。

さっそく夕食分のカリカリを。まったく、貪るように食べ始めました・・・。

食べているのを確認して私は友人に電話をしたのですが、途中で

「クワッ、クワッ!」

という変な音が。こ、これは、ゲロッパのときに発する・・・。しかも、私の洋服の上にしようとしている・・・?

ギャー、ヤメテ、ヤメテ~、それだけは~!!

思わず手を出しました。間一髪、私の手のひらに・・・(自主規制)。

以前の、猫を飼う前の私だったら想像も出来なかったことです。親が子供のオシメを取り替えたり、ってこういう気持ちなのね(たぶん)。愛だわ・・・。

| | コメント (1)

超美味しいらしい

Dsc01393先日の尿検査で潜血「+++」となってしまったため、せいのすけのご飯も変わりました。

せいのすけの太りやすい体質を考慮して院長先生が選んだのはDrs.Care。たぶんせいのすけには不評だろうと予想していましたが・・・。

大好評、でした。

いつもカリカリはちゃんと計量するのですが、もうその時点で計量カップに頭を突っ込んできて。もう、お行儀が悪い。叱っても止めません。

せっかく減量に成功したのに、大丈夫かしら。(ちゃんと体重にあわせた量を上げているけど)

| | コメント (2)

歯科検診と尿検査

Dsc01372 動物病院から「無料歯科検診」のお知らせが来たので、定期の尿検査がてら行ってきました。

ついでに体重も量ってもらおう、という気軽なつもりだったのですが・・・。

確かに体重は減っていました!4.95キロ、夢の4キロ台突入です。目標体重が4キロ台だったのでクリアできました。

が、思わぬ事態。尿検査で引っかかりました。

結晶は相変わらず僅かですが出ていたのですが、それは問題ない程度。まずかったのは潜血の方。いままでも「+」程度はあったのですが、今回はそれが「+++」になってしまって・・・。

いままでとはまた違う処方食になりました・・・。

ちょっとショックです。

| | コメント (0)

おへそはどこ?

Dscf0003

↑仔猫の頃のせいたん

せいのすけおへそを、まだ一度も見たことがありません。

その要因の一つには、もうせいのすけは仰向けに寝ないこと。

たまに転がしておへそを捜してみますが、すぐに反撃されちゃうし、発見できるのはちくびだけ。

どこなんだろう?もしかして未発見のおへそ猫スイッチだったりして・・・。

そうだとしたら、そりゃ、隠すわな・・・。

| | コメント (2)

動物病院だらけ

Dscf00164 昨年から家の近所の散歩を開始しました。運動不足解消と近所のことを知るため。

わが家は駅から5分ほどのところにあり、駅の周りには郵便局や銀行、ストアやコンビニ、病院、なんでも揃っているので、何かあれば駅の方へ行けば事が済みます。

しかも子供の頃からこの街に住んでいますが地元の学校に通っていなかったため、駅と自宅の往復しかしたことがありませんでした。

というわけで、街の探索。

そこで初めて知ったのですが、この辺りは動物病院がすごく多い。私が今行っている病院はその中でも遠い方かな。徒歩15分圏内に、少なくとも10くらいはあるみたいです。

まぁ、確かに住宅街なのでペットを飼っている家は多いと思いますが、それでもやってゆけるのかな。最近、今の病院のすぐ近くにも出来ました。休診日が違っているので、何かあったときは便利ですけど。

あと多いのがスイーツのお店。散歩でカロリー消費を狙っているのに、ついつい買っちゃいます。

| | コメント (0)

猫と鏡

Dsc01368 わが家は玄関の正面に姿見があります。風水的には玄関から入ってくる運気を阻害してしまうのでしょうが、狭いので・・・。

姿見はもうずっとこの位置にあるのですが、いまだにせいのすけったら鏡に映った私と本物の見分けがつかないみたいです。

朝、私をお見送りしてくれるとき(たまにあるのですが・・・)、鏡と私とをキョロキョロして見比べます。

そのときのせいのすけの目はまん丸で、すっごい不思議そうな表情です。ああ、写真に撮りたいっ!

| | コメント (2)

ともにお墓に入るまで

Dsc01146 時折、新聞の折込にペット霊園のチラシが入ってくる。ウチにはまだまだ先のことだけど・・・。

でも私はせいのすけがもし先に死んでしまったら、お骨にしてもらってずっと家に置いておきたいな、と思っています。

できれば一緒にお墓に入りたいんだけど。お寺さんは許してくれないですよね、きっと。

シノブさまにこの話をしたら、先に入っている先祖の人たちから

「『ムコを連れてこないでネコを連れてきた』って言われますよ」

って。うまい!座布団一枚!

| | コメント (0)

猫スイッチを探せ

Dsc01349_1 探しています、猫スイッチ

このスイッチを切れば、猫はゆっくりと寝てくれて、私も夜ぐっすりと眠れるはず・・・。

私がせいのすけに起こされて熟睡できない、という話をボスにしたら

猫スイッチを切ったら?」って。

でもこのスイッチ、どこにあるのか見つかりません。お腹、背中、お尻・・・。

もしかしたら複合システムになっていて、「お腹を押しながら同時に鼻を押す」とか・・・。今夜も猫スイッチを探しています。

| | コメント (0)

脱走しました

Dsc01098 今朝、せいのすけが脱走しました。2年ぶりくらいかな?こちらも油断していました。

今日は資源回収の日なので、新聞紙の束とか段ボールとか雑誌とか、出すものが多くて玄関で手間取っていたら、ドアの隙間からサッと!

でも相変わらず上階の方へ行ってしまい、あっという間に捕獲。(ウチは5階建ての4階なので)

せいのすけにとってはほんの数秒の冒険でした。

| | コメント (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »