« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

ごめん、浮気しちゃった

P1000267今日の夕方、「これから『ねこのみせ』に行こう」ということになり、急遽、ちょっと仕事を早上がりしてしのぶさまと町田に向かった。
店内は猫、猫、猫・・・!パ、パラダイス・・・。
何か、でもちょっとウチのせいのすけと、違う・・・。顔が小さいっ!それにみんなスマート!
シノブ家の猫たちも殆どが体格がよい。ツナちゃんもウチのせいのすけも巨大なのだ。ウチの猫は本当に猫なのだろうか??もしかして、本当は、マジに仔豚なのか??
P1000261ついつい居座ってしまって帰りが遅くなってしまった。きっと違う猫の匂いがついているから怒るだろうなぁ、と不安になり、浮気がバレる恐ろしさについビクビクしてしまう。懐柔用に『シーバ』を購入。
やはり帰宅した私を執拗にくんくんするせいのすけ。でも空腹のためか、浮気に対して怒っている様子はなかったので、ひと安心。
ゴメンネ、一番大好きなのはせいちゃんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絆が深まるのだ

P1000252せいのすけをシャンプーした後、何かより一層、私とヤツ『絆』が深まるような気がする。
私の横で一生懸命毛づくろいをして、更に膝に乗ってきて、っていうと、とても嬉しい。私の膝の上が心休まる場所、ということなのかなぁ。何かお互いの体温がじんわりと感じられて、心もポカポカする。

一緒に暮らし始めて間もなくまる3年になる。まぁ、色々とケンカもしたけど、こうやってこれからも一緒にいこうね。なんて、ちょっと柄にもなく優しい気持ちになったけど・・・、今夜は夕食時に大運動会をやらかしたので、部屋から閉め出し。玄関のところで反省中。

P.S.会社でもそんな話をしたら『極悪A型軍団』に爆笑された。彼らにはせいのすけの可愛さが判らないのだっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のアダ返し

P1000251土曜日は天気が好く、暖かかったので、せいのすけを久々にシャンプーした。相変わらず嫌がっているけど、前ほど機敏ではなくなっているせいか(!)意外と容易く洗えた。
うちのはドライヤーを嫌がるので、タオルドライと自然乾燥になる。以前はシャンプー後は脱兎のごとく逃げて行きダイニングテーブルの下に隠れてなかなか出てこなかったけれど、今はそれでも慣れたようで、ストーブの前に私と並んで座って毛づくろい。
P1000250このあと生乾き状態のままで、私の膝の上に乗ってきて続きの毛づくろいしたので、私の服はびしょびしょになってしまった・・・。アダ返しされてしまった・・・。
シャンプーされるとやはり疲れるのか、このまま膝の上でお昼寝。重いからちょっと足が痺れるんだよね・・・。あまりに気持ちよさそうなので邪魔するのも可哀想、と言うことでしばし我慢。こちらも疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せいのすけ、神隠し事件

P1000247今朝、せいのすけが行方不明になってしまった。朝起きたときはちゃんといたのに、ふと気が付くと姿が見えないのだ。窓も玄関のドアもきちんと閉まっているので、外には絶対に出ていない。
「せいちゃん、せいちゃん」と呼んでも現れない。いつもはカリカリを用意すると音を聞きつけてすっ飛んでくるのに、今日は全然ダメ。
寝室、ベッドの中、トイレ、浴室、洋服ハンガーの下の暗がりとか、どこにもいない。
もうこちらはパニック。なんでこんな狭い家で行方不明になるんだー。頭の中に『神隠し』という言葉が過ぎった。

家を出る時間を過ぎても見つからない。どこにも気配がないのー。鳴き声も首輪の鈴の音もしない。
朝起きてからの自分の行動をもう一度思い出したとき、ふと・・・。
そういえば起きてすぐ、ゴミの袋を玄関のところに出し、その口をガムテープで閉じたけど、テープは物入れの中にしまったっけ。
で、物入れの扉を開くと・・・、狭い空間にせいのすけがいた。
一瞬のうちに中に入り込んでしまったみたいだけれど、私は全く気が付かず扉を閉めてしまったのだ。救出されたせいのすけはちょっと怒っているみたい。お前が悪いくせにー。
何はともあれ、ほっとした。もう、すごく心配したんだよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れて食す

P1000245寝しなにこそっと、せいのすけの目を盗んでマネケンのワッフルを間食した。が、封を切った時点で耳ざといヤツに見つかってしまった。慌てて身を低くしてテーブルの陰に隠れたが、視線がイタイ・・・。頭を上げて猫の方を見ると、首を伸ばしてこちらをじっと見ている。目つきがね、ちょっと険しい。

↑すかさず、ご飯をねだるときの定位置に。何か怒ってる?

こそっと食べた罪悪感から、せいのすけにも『猫おやつ』を上げた。

缶を開けたり、袋を開封するとすぐにばれちゃうんだよね。でも会社では私もそう言われている。何かの袋を開けると、すかさずそちらの方を見ちゃう。「この飼い主あって、この猫あり」だって。
私の会社での役職は『おやつ委員長』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日々早まるのだ・・・

P1000226春が近づくにつれ、せいのすけの起床時間がどんどん早まってゆく。今朝はまだほの暗い5時頃。

←お食事はテーブルで??

仕方なく朝ごはんをちょこっとだしてやると、あっと言う間に完食。朝起きてよく、すぐに食べられるね、君は。うらやましい。
そういえば一昨日は4時半だった。どこまで早くなるのかなぁ。君は私が出かけた後、ゆっくりお昼ねできるからいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪しい季節

P1000244「あやしいひとがいるよー。」と言ってビビリ仔豚は一番高い本棚の上に上ってしまった。
どうやらこの家に帽子とマスクをした怪しい人物が・・・、ってそれは私のことだっつーの。
恐怖の花粉の季節がやって来て、こういう姿に。去年も、一昨年も見ていただろうに。

マスクに向かって得意のくんくん技が炸裂。私のくしゃみも炸裂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八方塞がりなのだ

P1000222せいのすけとの戦いはまだ続いている。昨夜、私が寝たのは1時半だったのだが、4時過ぎにはヤツに叩き起こされてしまった。実は、先週辺りから、早朝にせいのすけが騒ぐたびにエサを食べさせていたため、ヤツ『早朝騒ぐ→エサがもらえる』と学習したものと思われる。寝不足とヤツの行動に頭が痛い~。

シノブさまに「ケージを買ったらどうですか?」とアドバイスを頂いていたので価格を調べたり、下見に行ったりしたけど、ウチのボスは「まゆりんも自分でも予想が付いていると思うけど、多分無駄になるよ」って。そうなのだ、絶対せいのすけはケージの中におとなしく入っているようなタマじゃない。
寝ているときは超カワイイのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫とガチンコ

P1000230土曜の夜から、私とせいのすけの間には剣呑な空気が流れていた。
その夜は何時にもまして『えさよこせ運動』が激しくて、規定量の50㌘に10㌘程度を追加したけど、まだまだ足りないと言う。でもここで追加すると絶対すぐにゲロッパすることが判っているので、無視。
すると私の寝入りばなにトイレをし、派手に砂を撒きまくる。仕方なく片付けるとすぐにウ○チ。そして再び執拗な『小豆研ぎ』で私の怒りを買う。これは絶対嫌がらせに違いない。さらに寝室、居間と激しく走り回り、大暴れ。うるさい猫を寝室から追い出してドアを閉め、ようやく安眠。第一ラウンド終了。

の、はずが、明け方、まだ6時にもなっていないのに「えさよこせ運動」再開。仕方なくご飯を上げようとキッチンに行くと大きなゴミ箱が引き倒され、燃えないゴミが散乱して悲惨な状況。
これで第二ラウンド再開。「バカ、バカ、バカ!」と言いながら猫の頭を叩く。すかさず逃げる仔豚。寝不足で私の機嫌は最悪なのだ。
このあと再び寝に入った私をせいのすけは急襲し、顔を引っかかれた。激怒した私は寝たまま猫に蹴りを入れたが、上手くかわされてちょっとかすっただけ。
再び寝室から締め出すが、ドアが壊れそうになるほど体当たりとガリガリ。あまりの五月蝿さにドアを開けると乱入してきてスタンドを倒し、電話の子機をなぎ払い、本を引きずり出す。

もうあの時は本当に殺意が湧いた。でもこの後、いつも通り甘えん坊に豹変してゴロゴロ、スリスリ。
猫のきもちは、わからない。
猫を相手にガチンコでケンカする私がバカなのか、アイツがバカ猫なのか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

むふふ

DSC00213超忙しかった仕事の山をようやく越えたので、久々に会社のボスとシノブさまと3人で焼肉を食べに行った。
焼肉は久しぶりっ!一昨年の暮れに韓国に行って焼肉を食べて以来。恋しかったよー、焼肉ぅ
せいのすけは自宅で空腹のまま我慢しているのに、「ごめんね」と心で詫びつつ堪能。

↑ひどいよ、こっちは飢えかかっているのにさー。顔なんて見せてやんないよっ!

せいのすけにとっては初めての焼肉の香り、「どういう反応をするかな。思いっきりくんくんされちゃうかも」と思っていたけど、実際はあっさりしたもの。無煙ロースターの威力のおかげなのか、全然気が付かない。拍子抜け。

せいのすけは空腹を満たすとようやく「あれっ?」といった感じで私の口元をくんくん、くんくん、くんくん。そしてせいのすけは勢い余って・・・。私はせいのすけチュウをしちゃったよーん。本によると猫とチュウしちゃだめって言っているけど、これは事故なのよー。
うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »