« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

幻の女ボス、ミーちゃん

P1000241会社のあるエリアは女ボス猫ミーちゃんの縄張り(シマ)だ。彼女は近所のおばあさんの家の猫で、カワイイ声でよくおしゃべりをする愛嬌の良い三毛猫なのだ。あまり見かけないので私にとっては『幻の猫』
彼女を見た人がびっくりするのは、その顔。アニメの『アシュラ男爵』みたいに顔がちょうど中央で茶色と黒にパキッと分かれている。ちょっと怖そうだけど、性格はカワイイ。でも要領が良いというか。
カワイイ声で猫好きを誘っておいても自分からは近づいて来ない。「あなたから来なさいよ」みたいな。しかもお触りもなし。

飼い主のおばあさんが買い物に出ると心配げに外で待っていて、帰ってきた気配を察すると、途中までお迎えに行き、おばあさんに一生懸命話しかけながら一緒に帰ってくる姿は微笑ましい。こういうのを忠猫というのかな。(爪のアカをウチの仔豚にも・・・)
初めて彼女を見たときは肉付きの良い大きな猫だと思ったけど、私も猫を飼い始めたら、ウチのせいのすけが巨大化してしまい、彼女は普通の大きさだったことが判った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その真意は・・・?

P1000240何故だか急に、ボスからプレゼント。

『図解雑学 ネコの心理』

最初、書店の袋ごともらったときは「えーっ、嬉しい!」
そして本のタイトルを見て「キャ~!」と大喜び。
が、しかし・・・。

設問)ボスがこの本を選んだ真意は・・・?
    以下の中から正しいと思われるものを選択せよ(10点)

1.ただ単に面白そうだったから
2.色々とせいのすけとの関係に悩んでいるところもあるので、
 参考になれば(優しい心で)
3.バカ飼い主なことばかり言っていないで、
 もっと勉強せよ!(怒りの心で)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

悩めるボスに悪魔のささやき

DSCF0074「まだですか?」「いつですか?」
新しい猫を飼おうと「子供を洗脳して、猫を飼いたいと言わせちゃおう作戦」を密かに実施しているボスに、スタッフも得意先の人もしょっちゅう聞くのでボスは苦笑い。
↑ほれ、ほれ!せいのすけの仔猫時代だよ~ん

ボスの周りの包囲網も狭くなっている。
「密かに事務所で飼っちゃえば?」とか「子供に仔猫を見せればいちころだから『ねこたま』に連れて行け」「『ねこのみせ』のほうがちびーずがお店にデビューしたところだから、そっちがいいですよ」などと無責任に言いたい放題。

ボスは実は電気&電波マニアなので秋葉原に時折行く。以前あるパソコンショップで「デュアルマシンは男の夢ッスよね」と店員さんに言われたことがあるらしいけど、今のボスの夢は『デュアル・ニャンズ』。私はこまめに『里親募集中』のサイトを見て、兄弟猫(オスでもメスでも)が掲示されていると報告している。(イヤがられている?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

包帯地獄

P1000239せいのすけ『おしっぽちゅばちゅば』はいまだに続いており、これがまた悩みの種になっている。
自分の尻尾をちゅばちゅばするくらい・・・と思っていたけど、ヨダレの染みを作るだけでは無いのだ。昨年の夏あたりからヨダレの染みにほんのりと血が・・・!
最初は私とじゃれていて口を切ったのかと思ったけど、どうやら『ちゅばちゅば』の際、尻尾を自分の歯で傷つけてしまっているようなのだ。

P1000238このまま放置しておいて傷口からばい菌が入ったりしたらどうしよう。でも「『ちゅばちゅば』を止めなさい」と言って判るわけないしねぇ。
ということをシノブさまに相談したら「尻尾の先にカラシとか付けてみたらどうでしょう」って、それは日本の古くから伝わる「乳離れができない子供への対処法」ではないですか!第一、カラシなどを傷のある尻尾に付けたりしたら痛いじゃないですかぁ!!
「じゃあ、包帯を巻いたら?自着性伸縮包帯を使うと普通の包帯より取れにくいですよ」
そう、そう、それ、それ。そういうご意見を待っていたのだ。
早速購入し、仔豚がうたた寝をするのを待って巻き巻き。うまくいきました!が、あっという間に噛み千切られて外されちゃいました。
また新たな作戦を立てなくては・・・!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだ未使用

P1000237相変わらず、主はいないマザーボール。このまま未使用で今シーズンは終了しそうな予感。あぁ、悪寒がする・・・。
何ゆえせいのすけがこれを使用しないのかというと、私の予想では、寝室の羽毛布団のせいかと。朝起きてベッドメイキングをして出勤するのだが、帰宅すると平らだったはずの布団に大きな凹みが、いくつか。どうやら私の留守に、この羽毛布団の上でお昼寝しているらしい。

P1000236もうすでに、この寝心地のよさを知ってしまっているのね。
悔しいから私がマザーボールをクッション代わりに使ってやろうかと思ったけど、意外とがさがさして、ちょっとダメ。
ううむ、せいのすけのお目が高いと言うべきか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に犬を飼う女

P1000233モデラーの先輩Oさんは『心に犬を飼う女』とうちの事務所で言われている。

彼女は素晴らしい血統の、長い名前を持つお犬様を飼っていらっしゃるのだ。でも愛称はグリ。犬種には疎い私にはよくわからないけど、テリアの一種らしい。
このお犬様をブリーダーさんから頂いたときに「とても素晴らしい血統の犬で、しかも訓練しだいでは更に素晴らしい素質を伸ばす犬になりますので、くれぐれも訓練を怠らずに育ててください」みたいなことを言われたらしいのだが、犬可愛さに思い切り可愛がって育てたので、かなりやんちゃであらせられるらしい。

で、このOさんが仕上げた模型を納品するため出かけようと玄関で靴を履いているときに、やわら、このやんちゃな王子が彼女に飛び掛り・・・、見事模型はひしゃげてしまった、とさ・・・。
このOさんはグリちゃん同様、時々何か普通とかけ離れた体験をしたり、行動をとったりするので、ウチのボスは「さすがグリの飼い主、心にも犬を飼っている」と言って、それ以来彼女は伝説の人として認識されているのだ。
ちなみに私は自称『心に猫を飼う女』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに判明

P1000229せいのすけの顔を見る度に「何かに似ている」とずっと私は悩んできた。『何か』が人なのか、物なのかもわからないが『何か』に似ているのだ。ずっともやもやとしていて、すっきりしない。
その『何か』に、最近ようやく思い当たったのだ。


P1000228それは自由が丘にある『洋食亭ブラームス』メンチカツなのだ。「まーた、バカなことを」と思われてしまいそうだけど、本当に似ているのよ、形といい、色といい。大きいしね。
でそれを確かめるため、と言うわけではないけど今日のお昼はそこに行ってメンチカツを食べてきた。
「ごめんね、せいちゃん」と心の中で謝りながら頂きました。おいしかったよ~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念なこと

P1000227今、私の住んでいるところは、天気予報の通り雪が降っています。
前回降ったときせいのすけ『雪に初お触り』の足跡を「なんで撮影しておかなかったんだ~」とすごく後悔した。
もうあんな機会はないだろうなぁ。
明日早起きして、もう一度トライさせようかな。タオルでグルグル巻きにしておけば暴れないかも~。

本当は私の大好きなピョコタンみたいに雪と戯れて欲しい~!ウチのせいのすけピョコタンみたいに度胸があれば・・・。
もう何度となくピョコタンの可愛らしい姿をせいのすけに置き換えて、妄想、妄想・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫、ねこ、ネコ・・・

友人のシホちゃん&くまさんから超ヨダレモノの映像を教えてもらいました。
もう、「ああ~!」とモニタにかぶりつきです。
私の風邪も吹っ飛びそう・・・。

http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/2145.swf

和んでください。
シホちゃん&くまさん、ありがとうございます!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

地震のとき

P1000225水曜日の地震のとき、私はちょうどトイレでせいのすけのウ○チを片付けていた。せいのすけも無理矢理入り込んでいて、狭い空間に私達は一緒にいた。
地震が起こったときトイレ全体がミシッて音がして揺れ出し、途端にせいのすけのヤツ、シッポをボンバらせて一人脱出。
「このまま猫砂だらけになって一生を終えるのは嫌だ~」と私も慌ててトイレを出た。
狭いところにいたので、いまいち揺れの大きさまでは実感できなかったけど、まぁ大きかった、と言うことは判った。うちのところは震度3だって。

人に自分のウ○チの始末をさせておきながら自分だけさっさと逃げるなんて許せん!お前が私のことをどう思っているのか、よ~く判ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔のような猫

P1000224風邪をひいてしまい、今週はもうグダグダの生活。今日は遂にダウンして、朝から夕方まで飲まず食わずで爆睡。夕方ようやく起きられるようになった。
で、その間うちの仔豚は何をしているかというと、布団にもぐりこんで一緒に爆睡。布団の上に乗ったり、中にもぐりこんできたり、人の顔をベロベロと舐めるのでもうウザイ。こちらは咳でゼイゼイとしているのに、胸の上に乗られた日には、もう死んじゃうよ~。
私が死んだらお前も飢え死にするんだよ、とせいのすけには言ってあるけど聞きゃあしない。と言う話を事務所でしたら皆は「きっとまゆりんを食べて食いつなぐから大丈夫」だって。確かにその可能性はあるね。だから「私が仕事を無断欠勤したときは見に来てね」と言ってある。
でも一緒にいると暖かい。自然の湯たんぽみたい。
人間の風邪が猫には感染しないというので、その点では安心だけど。
お願い、静かに休ませて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »