« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

二人のマイブーム

P1000173そう、マイブーム。それは『だるまさんが転んだ鬼ごっこ』。
それは突然始まる。せいのすけは私と目が合うと動きを止める。そこでわざと猫の視線から外れるように物陰に隠れると、ヤツは私の姿を見ようと首を伸ばす。また目が合ったところで、さらに奥へと隠れる。これの繰り返し。
隠れ続ける私を追って忍び脚でせいのすけは近づいてくる。不意に私が顔を出すと、ピタッと動きを止める。片足が浮いていたりする姿とか、なんかラッキーって感じ。

で最後は別の部屋の暗がりに隠れて、ヤツを待ち、入ってきたところを襲う。まぁ狭い家なので行き着く隠れ場所は決まっているけど。
でもこれを何度も何度もやらされるので、本当に疲れる。毎晩10回位、繰り返す。途中で止めると、不満そうに「ア~ン、ア~ン」と鳴き続けて私の足をチョンチョンとつつく。なかなかノルマの要求が厳しくて・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう、どうしようかと思った

P1000172夕飯を作っているときにせいのすけが邪魔をしようとしたので、キッチンから追い出した。ドアを全部閉めるのは可哀相かな、と思い、入れない程度にちょっと開けておいた。
最初、せいのすけはドアの前で反省したかのように正座していたが、やがて頭をドアの隙間に突っ込んできて、次の瞬間には頭が入ってきた。
「猫は頭が通れば、体も通ることができる」と聞いていたので、「あら、ちょっと開けすぎていたかも」と思ったのだが、なんと、頭は通ったのに体がつかえてしまったのだ!
これはヤバイよ。猫としての存在が疑われてしまう。
最近ヤツはまた太ったような気がする。ダイエットをしているはずなのに。猫の体重を量っていないのは、必然的に飼い主の体重まで判明してしまうから。

でもこの後再度トライして、無事に隙間を通過。ああ、良かった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せいのすけ、激怒する

DSC00040私はうっすら気付いているのだが、せいのすけは実は私が思っている以上に『私の言葉』を理解してるようなのだ。
ヤツの散々の悪行に対して私が「せいちゃん、バーカ、バーカ!」と言うと「ウニャニャニャニャー」と激昂して、顔とか手に亀田三兄弟さながらの猫パンチを繰り出してくるのだ。
そのときは額に確かに筋が入っている。たぶん「バカと言う方がバカなのニャ!」って言っているのだと思う。

他にも裏付ける事実がある。自分が気に入らないご飯を出されてぐずったときに、私が「野良ちゃん達はお前と違って、ちゃんとご飯も食べられないし、好き嫌いはできないし、ゆっくり安心して眠ることもできないんだよ。」と説教すると、ヤツは「何を言っているのかわかりません」という顔をするのだ。
ヤツは絶対、私の言葉が判っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お耳掃除大作戦(まだ準備中)

DSCF0065せいのすけの耳掃除をしたいのだけど、耳に触られるのが嫌みたい。綿棒でちょちょっと拭くだけなのに、パタッと耳を閉じられてしまう。
←仔猫の頃の可愛い姿。最近はなかなか撮らせてくれないのでツマラナイ。

シノブさまに相談したら「日頃から遊んでいるときに耳を触って、慣れさせたら。」と貴重なアドバイス。そうだ、その通りだ。
ということで、今はできる限り耳に触っています。でも掃除はまだまだ先の話になりそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

また招待状が

P1000171夏にワクチン接種をしてもらった動物病院からせいのすけに招待状。『尿検査』だって。
『猫下部尿路疾患』という舌を噛みそうな名前の病気を早期発見するため。なかなか細かいケアをしてくれる病院みたい。
せっかくだから行ってみようかな。注射のときも「体重を量りにいらっしゃい」って言われていたから、せいのすけの減量計画の指導をしてもらおうかな。
まぁせいのすけには『恐怖の招待状』な訳だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫のいる暮らし

この一ヶ月ほど風邪が治りきらずの生活ですが、猫がいてくれて何かほっとします。(別に何か特別なことをしてくれるわけではありませんが・・・)

猫のいる暮らしって、なかなかいいものですよ。もし、「猫を飼おうかなぁ」って思っている方がこのブログをご覧になっていたら、環境が許されるなら「ぜひ」ってお勧めします。
ペットショップにいる猫ちゃん達も可愛いですが、里親を待っている猫ちゃん達もなかなか魅力的ですよ。
うちは『仔豚』がちょっと神経質で攻撃的なので、多頭飼いは残念ながら無理なのですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もみもみ・・・

DSC00013今までのせいのすけはあまり『もみもみ』をしない傾向にあったけど、夏にはいったあたりから急に増え始めた。それでも彼なりの「様式」があるようで、どこでも『もみもみ』をするわけではない。
必ず私のベッドの上で、私が寝ている時に、ということみたい。
彼の定めた就寝儀礼は次の通り。タオルや毛布の隅から隅まで丹念に『もみもみ』したあと、可愛い声で鳴いて顔にすりすりして、『おしっぽちゅばちゅば』を時間をかけて行って、そして眠る。
朝早く、他の部屋で大暴れしていても、捕まえてベッドの上に乗せると、あ~ら不思議。就寝儀礼を始めてまた眠ってしまう。これは便利だわ。(ヤツの単純なところが気になるけど・・・。)

猫も成長する過程で、「今まで無かった癖が急に始まったり、今までの習慣が変わったりする」っていうことなのね。でも変な癖が始まらないといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しいマル・・・

P1000135「花の香りを楽しむ猫」なんて、本当はちょっかいを出しているところ。

小さなブーケを飾ったけど、翌日仕事から戻ってみると、自宅の玄関ドアの前が水浸し。
慌ててドアを開けると、靴箱の上に飾っておいた花瓶が倒されて、靴箱の上も玄関の床もびしょびしょ。
ヤツは花を食い散らかしていたのだ。しかも、水が靴箱のドアから中に浸入して、お気に入りのリーガルのつま先部分に大きな水のシミが・・・。しかも、両足を揃えるとシミがちょうどまん丸の形になるの。
あー、もう、もう・・・。

よって花や小さな鉢植えはトイレかバルコニーに。淋しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人で大騒ぎ

DSC00015昨日のせいのすけは様子が変だった。朝食後、廊下にたたずむ姿は、まるで『中年サラリーマンが仕事と人生に疲れて、公園でうなだれている』ような感じだった。そしていきなり『ニャー!』と今まで聴いたことのないような大声を上げたので、慌てて行ってみると、ゴロンと廊下に横たわっていた。倒れたのかと思ったけど、自分の意思で横になったみたい。でも珍しく大声で鳴き続け、体をゴロンゴロンと転がす。苦しがっているようではないけど、何か重大な病気かも・・・。尻尾はずっとパタパタと慌しく動くし。

びっくりして、ボスに連絡するも携帯がつながらなくて、シノブ様に連絡。アワアワしながらせいのすけの様子を伝えると「病気の感じではない。何か大きなストレスがあってイライラしているのでは?」って。そう言われると異様な泣き声も「もう、ヤダーヤダー!」ってぶちまけているみたいに思えるし、ゴロンゴロンと転がるのも煩悶しているみたいに見えるかも。

この後、せいのすけは昼寝に入り、途中で起き上がって場所を移動したのだが、その時フラフラして真っ直ぐに歩けていなかった。もう、これを見たら私の方が卒倒しそうになり、午後から病院に行くことを決めた。でも・・・夕方になったらケロッとして、食欲いっぱい。
私一人で慌てて、大騒ぎをしてしまった。だって、前日の夜、猫ちゃんが急死したという方のブログを読んでいたので私の思考はそっちの方に走ってしまって・・・。
ボス、シノブ様とも、電話やメールで様子を聞いてくれて、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑えない話

P1000164先日、「猫が認知症の高齢者に大ケガを負わせた」というニュースがあったけど、私の周りの人たちは「今までそんなような話は聞いたことがない」と言う。ただ、みんな、「せいのすけだったら判んないよ」って。私が急死して、誰にも気が付かれず、猫がお腹がすいたら食べられちゃうかも、って私も思うけど。

問題は私がヤツに殺される可能性が高いってこと。『あの人からの手紙』でせいのすけから来た手紙にも書いてあったけどね。
昨年、本の片付けをしていたらせいのすけが部屋に乱入してきて、本棚の上に乗ってしまった。そこは我が家では一番高い場所。片付けに夢中になってちょっと動いた瞬間、後頭部に激しい衝撃が!次の瞬間、足元に巨大な肉塊が背中からボテッと、みっともない格好で落ちた。もちろんヤツだ。
せいのすけったら、本棚からベッドの上に飛び移ろうとしたのだが、ちょうどその軌道上に私が入ってしまったため、激突したみたい。それとも狙っていたのか・・・?
よく私が死ななかった、と思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰かに・・・

P1000170友人の猫ちゃんは夕食を終えると洗面所に行き、見えない誰かに「ご飯食べたよー」と報告する習慣があった。友人はその見えない誰かを勝手に『洗面所の田中さん』と名付けていた。
うちのせいのすけもたまに夕飯が終わると玄関に行って「ニャーン」と何かを報告している。その時ばかりは、やたらと可愛い声を出す。私的には「うちの親族かな」と思っているんだけど。まぁ、虫がいるのでなければ、何でもいいかな。

ところで、その友人は新居に引っ越す際、その『田中さん』をチラッと見かけたって。「おじさん」だったらしい。初め引っ越し屋さんかと思ったけど、そのときのメンバーは若い人ばかりで、その中には「おじさん」はいなかった。で、「あれはもしかして『田中さん』だったのでは?」ってことになったらしい。
友人一家と猫ちゃんは、その『田中さん』に見守られていた訳だけど、彼が一緒に新居に引っ越したかは不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい隠し場所

P1000168帰宅して猫と遊ぼうと思ったら、ヤツのお気に入りの『猫じゃらし』が見当たらない。
いつもは私の留守中に寝室に入り込み、ベッドの脇に隠しているので、探しに行ったが見つからないのだ。
仕方なく新しいのをおろしたら、あっという間にリビングから持ち去ってゆく。後を追ったら、行方不明だった『猫じゃらし』も発見。玄関マットの下に隠していた。そういえば帰宅したとき、マットが少しずれてめくれていたっけ。
P1000134昨日までは寝室に隠していたのに、何故か急に別の場所に変わったみたい。もしかして、すぐに見つかっちゃうから別の隠し場所を開拓したのかな?寝室まで私の後をついて来ていたのは、寂しいからではなく、宝物が発見されるかも、って心配していたからなのかな?
                     頭隠して尻隠さず?→

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本当は・・・

P1000166うちのボスの名誉のために言っておくと、ボスはせいのすけのことを『仔豚』とか『バカ猫』とか言うけど、本当は良いヒトなのだ(たぶん)。
ボスもチビタちゃんというご長寿猫を飼っている。

←シノブさまにミルクをもらうせいのすけ

ボスはビシッとチビタちゃんをしつけてきたタイプなので、私のせいのすけへの『猫可愛がり』ぶりは、もう「バカ飼い主」そのものなのだと呆れているだろうなぁ。
このボスは道端で猫を見つける名人で、しかも発見すると奇妙な声を出して猫を引き付ける。それは魔法みたい。
せいのすけの具合が悪そうだったり、何かトラブルがあると的確な助言をしてくれるので、非常に有難い。ただ、せいのすけを連れて行くと、自分の足の指を舐めさせるのはヤメテ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひどいヤツ

P1000133せいのすけはマイペースというか、ベタベタされるのがキライな性格なので、抱っこはなかなかさせてくれない。自ら膝に乗ってくるときは、うたた寝後の寝ぼけ状態で『おしっぽちゅばちゅば』をしたいときだけ。私が自分の膝を叩くとそれを合図に膝に乗ってきて、その後思う存分「ちゅばちゅば」する。

←寝ぼけまなこの仔豚

今夜も『ちゅばちゅば』し始めたけど、ううっ。なんとヤツは私の膝の上で音もなくガスを放出したのだ!ひー!そういえば、まだ仔猫の頃、せいのすけのあだ名は『スカンク・プ~』だった。事務所のスタッフの膝の上で寝かせてもらいながら、恩を仇で返すようなヤツなのだ。
思いっきり臭いガスを嗅がされてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の付け所が・・・

P1000132この猫ブログを会社のA型軍団の人も見てくれている。
でも目の付け所が違う。
ボスはせいのすけの背後に写っている猫グッズを見ているみたいで、他のA型軍団構成員に「背景に注意するといいよ」などと余計なアドバイスをしている。そして今、我が家にどんなバカ猫グッズがあるのかチェックをしているらしい。キー!
先日も「新しいせいちゃんの写真だよ~」とこの写真を見せたら、「この後ろに写っている黄色い棒は何か?」と聞かれてしまった。
そして以前の猫写真にも「『ひんやり倶楽部』みたいなのが、いっぱい写っていた」などと公表されてしまった。まったく、うちのA型軍団は変なところが細かい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近買ったバカ飼い主グッズ その4

P1000131今のところのマイブームは『防災ブッズ』だ。帰宅支援の地図を買い、リュックに水とカロリーメイトやラジオを入れて事務所に置いている。電車が止まったら歩いてせいのすけが待つ我が家へと戻るつもり。
事務所から自宅までは国道246をとぼとぼ歩いて行く訳だけど、何時間かかるんだか・・・。
で、帰宅してもしかして避難所に行くかもしれない、ということで、『携帯用トイレ』と『キャットハーネス』を購入した。これは優れものニャー!

P1000130ボスには相変わらず「バカ者扱い」だけど、私は昔から心配性ゆえに用意を万端整えることを信条にしているので、いいんだもん!それに避難用のキャリーバッグを買ったらすぐに新潟の大地震があったので、自分の勘を信じるもんね。
あとは自分用の寝袋とかキャンプ用の鍋を買わなきゃね。(避難所に入れなければ猫と野宿する!)で、元山岳部のボスに買うにあたってのアドバイスを求めたらマジで「バーカ!」と言われた。

キャットハーネスはMサイズにしたんだけど、何か、小さい・・・?これMサイズまでみたいだよ、せいのすけ
部屋の照明器具を変えたら思いっきりウォーム色になってしまったので修正したけど、失敗。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »